2016年6月19日日曜日

Windows10の、WindowsMobile使用記

 私が初めて使ったスマホは、東芝製のTA01というwindowsPhoneでした。当時スマホは、docomoなどの大手キャリアからは継子扱いされ、キャリアが公認しないと売らせてももらえない状況でした。その公認のために、このwindowsPhoneは当時のimodeも使えず、インターネット接続はMoperaというプロバイダー経由でした。skypeは封印され起動もできませんでした。その後、iPhoneの発売でキャリア側の変更が求められ、逆にAppleがキャリアを承認しないと使わせてもらえないという状況になり、後発のキャリアから順に、キャリア側の仕様変更が行われ、最後にdocomoもimodeを廃止してiPhoneが使えるようになりました。
 現在、iPhone・androidの2台使いをしていますが、windows10バージョンのwindowsMobileの登場で、3台使いが始まりました。スマホとPCは世界が違うということで、Microsoftもスマホは無視していましたが、windows10はスマホでも使える・スマホとパソコンの垣根を外すというOSを開発して、androidのように無償で配布しています。そのため、最も安いスマホ端末ができたのです。電話回線の無いタブレットなどは、家電販売業界の「おまけ」としてタダで配布されています。
2016-06-18 08.35.32
購入したのは、katana01という5インチモデルですが、simフリーは当然で、海外では常識のsim2枚差し可能なモデルです。このsimフリーというのが、電話会社の束縛から離れるポイントです。日本のキャリアは、ガラケーという電話回線だけでインターネット接続もする、疑似スマホが主流で、Data回線やWiFi接続は、制限しているのです。そのため、キャリアメールはsimが変えれば使えません。simロックして、他のキャリアへの乗り換えをしにくくしています。
この端末のために、新たなキャリア契約はしたくなかったので、手持ちのBiglobeのsimを指して使うことにしました。しかし、予想以上の使いよさなので、音声電話も使える、新たな専用のsimを契約することにしました。
何が良いとかというと、PCの感覚で使えることです。パソコンとスマホは文化が異なり、知識は全く別物です。知識は必要ないのがスマホですが、いろいろ節約を考えると、知識が必要です。3台目のスマホは、初期費用12800円、毎月の負担300円です。
windows10のアプリ(ストアからダウンロードしで使う、タブレット・スマホ形式のソフト)は、8や8.1の時代からありますが、レベルが低く、正直PCでは使う気のしないものばかりでした。Mobileではこれしか使えないので、アプリの充実がwindowsMobileの成功のカギになります。久しぶりのストアは、MS社の本気度がうかがえるもので、結構使えるものができています。
wp_ss_20160619_0001 wp_ss_20160619_0002 wp_ss_20160619_0007 wp_ss_20160619_0008
スマホには必須のGPSだが、Windows10のフラッグシップともいうべきSerfaceProにはGPSはありません。代わりに、WiFiを使う位置情報が使われるのですが、やはり屋外で地図を見るにはGPSは必須です。MobileにはGPSもG検知も入っていて、コンパスアプリも、Mapアプリも用意されています。音声検索は、Windows10から導入されたcontaがあり、これはPCよりも軽く動くようです。
wp_ss_20160619_0006 この画面を出すのに迷いました。起動アプリ一覧と、それを終了させるものですが、下に3つ並んだ左端の←戻るボタンを長押しします。
あとは、×をタップするか、下にスライドアウトさせて終了できます。
iPhonでは、真ん中のホームポタン、Androidでは右端のボタン、windowsMでは、一番左です。この辺りは、スマホで統一してくれるといいのですが。
ちなみに、このようなスクリーンショットは、右サイドの電源ボタンと、音量↑の同時押です。iPhoneやAndroidoでは音量↓で、逆でした。









wp_ss_20160619_0010
設定は、ホームの上からスライドでも出せます。
テザリングは、モバイルホットスポットという名前です。
テザリングは、キャリアは別料金を取る(2年目から)方式ですが、こんなもの接続共有なので、別料金の必要は無いですね。もともとdata使用料は、制限があるのですから。だから言葉を変えたのでしょうか。ちょっと分かり難いです。
まだまだ本格的には使っていませんが、私にとってはベストのスマホになりそうです。今後、ChromeやGoogleMapが使えれば良いのですが。音声検索も進化にはまだ時間がかかりそうですね。
Officeは、word・excel・powerpointなど、完全に無料です。ただし、excelはマクロもフォームも動きません。互換ソフトと同じです。でも見るだけなら十分ですね。




wp_ss_20160619_0011 wp_ss_20160619_0013 wp_ss_20160619_0012
MSが何でskypeを買い取ったか分かりました。キャリアとの契約なしで、電話番号も、SMSも出来るようにするためだったのですね。skypeクレジットで、電話が必要な時にはどこへでもかけられます。番号を取得すれば、SMSも可能です。キャリア契約なしなら、月額300円のsimで十分です。最後発のスマホということで、最安値の端末ですが、安い理由は電話会社が売らないということなのです。officeが無料で使える10インチまでの大きい画面で使うべきかもしれません。

2016年2月10日水曜日

GoogleChromeのショートカットで、日めくりカレンダー

GoogleChromeは、2016年1月末現在、ブラウザのシェアがIEを抜いてトップになりました。この傾向に恐れを持ったMSは、windows10のブラウザEdge(エッジ)をwindows標準化し、Chromeに負けないブラウザを発表しています。また、天敵のChromeに対し、嫌がらせの更新を加えChromeの機能を制限してきました。chromeが嫌われる理由の一つは、ChromeのXp・Vista対応です。IEをXp・Vista用に更新しないことで、windows10を進める方針が、chromeのXp・vista対応が邪魔しているのです。しかし、遂にchromeもこの3月でXp・vista用の更新をやめると発表しました。今後は、7以降用に開発していたChromeベータ版を標準にし、旧版のChromeの更新をやめることにしたのです。windowsの更新のたびに、Chromeの機能を制限され、このための更新を続けることは、Chromeにとっても面倒だったはずです。

Chromeの優れている点は、Webべージを「アプリケーションモード」で開かせる「ショートカットの作成」機能です。今や、ブラウザはインターネットを開くOSのようなもので、ブラウザの「お気に入り」に登録して、いつも開くページをお気に入りから開く使い方は、古くなっています。メールなどのログインページを、アプリのように開くことで、そのページだけの画面を、そのページだけの大きさで開かせるChromeのアプリケーションモードは、パソコンをスマホのように使う使い方です。IEでは、これができないので、スマホでは使われません。不要な額縁が付き、不要なアドレスバーやメニューが付いたままページを見るのは不便なのです。そこでEdgeができましたが、Edgeにはショートカット作成機能はありません。というより、windows10以降、「ショートカット」は廃止になるのです。

ショートカットというのは、プログラムやアプリを起動させるアイコンです。windowsに追加されたアプリと、従来型のプログラムは、この起動アイコンの仕様が異なっています。8ではアプリのアイコンはwindowsのデスクトップ画面には置けませんでした。たから、スタート画面を作って、ここにアイコンを並べてデスクトップもここから起動するという、windowsとしては変な構造になったのです。すべてのプログラムの一覧は、windowsデスクトップに表示できないのです。これを、大幅に改造したのがwindows10です。アプリも、デスクトップ画面にウインドウとして開くことができるようにしたのです。このために、ショートカットアイコンの規格が変わり、従来柄のショートカットの作成には制限が加わりました。7からアップした人のために、一応従来型ショートカットも使えますが、正式にはタスクバーとスタートメニューにはショートカットは置けません。ここに置くには、「ピン留め」という操作で、アイコンの仕様を変更する必要があります。

「日めくりカレンダー」というのは、ChromeでGoogleカレンダーを開き、このショートカットをデスクトップに置くことです。

gcal01

このようなアイコンができます。この9という数字は、開いた日の数字になっています。これを開くことで、日付が変わります。

だから、「日めくりカレンダー」と称したのです。しかし、最初に作った時に、この絵にならないことがあります。Gというアルファベットになるのは、MSの嫌がらせというか、仕様です。しかし、パソコンを起動し直せば、このようになります。

これは、Googleがwindowsの仕様に反して、アイコン画像を変更することを起動の度に変更するからです。この機能は、気に入って数年前から使っていましたが、何度も使えなくなりました。その都度、あきらめていましたが、Chromeが更新されるとまた復活するという繰り返しでした。

作り方は、googleChromeで自分のカレンダーページを開きます。

2016-02-09 (1)

この見え方が、ブラウザモードです。アドレスバーに、ページアドレスがあります。他に開いているタブもあります。

右上の、Chromeの設定メニュー(横3本棒)を開き、「その他のツール」・「デスクトップに追加」を開きます。

2016-02-09 (2)

確認窓の、チェックを確認して(無ければクリック)、名前を短くして(2月の月は不要、後でも直せる)追加します。

2016-02-09 (3) 最初に表示される、Gマークがこれです。
以前は、「ショートカット」という名前も表示されていましたし、つい最近までは、タスクバーに追加という表現でした。

追加ボタンをクリックします。

デスクトップの、ショートカットアイコンをWクリックして開きます。

2016-02-09 (4)

このように、アドレスバー・メニューバー・タブのないアプリケーションモードで開きます。

ショートカットを右クリックすると、タスクバーやスタートメニューに置くこともできます。しかし、このショートカットの管理は最初のデスクトップのショートカットでしかできません。ピン留めしたものは新しい規格になってしまいますが、アイコンに日付が出るのは同じになります。

2016-02-09 (5)

注意:

実は、この日めくり方式にまだ問題が残っています。
それは、月が替わると日が変わらなくなるのです。(これも嫌がらせ?)
それは、ショートカットの名前にも由来しています。○月のカレンダーとあるように、1カ月単位の設定なのです。昔はそうではなかったので、嫌がらせ対策かもしれません。
解決法は、毎月ショートカットを作り直すというのが一般的です。

でも、デスクトップにショートカットがあれば、このプロパティを開き、アイコン画像の場所を変更します。

2016-02-09 (6) ショートカットのプロパティを開き、アイコンの変更を開きます。

ここでアイコン画像の場所が表示されるので、月の数字を進めます。必ず半角で、年の後の半角スペースを消さないように、翌月の状態で一回開いてから、直します。それでも、タスクバーやスタートメニューの「ピン留め」はやり直す必要があります。難しいので、自信が無ければ、最初から作り直す方が良いです。この日めくりカレンダーは、月単位で綴じられていると思ってください。

2015年12月24日木曜日

音楽CDの取り込み

windows10の標準のメディア再生アプリは、最近の要望に沿って、著作権保護機能が働き、jpeg画像でも権限が無いと開けないようになっています。従来のwindowsソフトも入っていますが、標準の環境だと、ファイルのWクリックでwindowsソフトが開かないことがあります。プログラムから開くで、従来のソフトを選べば開けます。

音楽CDをMP3方式で、パソコンに取り込むには

●CDをWindowsメディアプレーヤーで開き、プレーヤーをライブラリモードに切り替える
 右上に、切り替えボタンがあります。
media00

●初めて取り込む場合は、取り込みの設定をする

 形式をMP3にする。(他の設定は、ファイルをパソコンの外にコピー出来ない場合がある)

media01

この形式にすると、ユーザーが著作権について理解できているかの確認画面が出ます。
 下の2か所をチェックします。(コピー防止をoff・著作権について責任を負う)

media02

●音質の設定は、標準で良い より高音質を求める場合はビット数をあげればよいが、取り込み時間がかかり、ディスクの消費が大きくなります。

●取り込みが終わったら、MyMusicを確認します。ここにファイルが保存されます。

media03

2015年11月25日水曜日

Google Chromeを、IEモードで使う

GoogleChromeは、最高のブラウザだと思いますが、残念ながらIEを使う人も多く、ページによってはIEでしか機能しないものもあります。windows標準で、かつては90%以上のシェアを持っていたので仕方ないのかもしれませんが、銀行のログイン画面などIEでしか開けないページのためにIEを使うのも不便です。
ie01
MS社とGoogle社は、競争の真っ最中で、互いに標準を目指しているので、このような仕様の違いは互いに譲ることはありません。
ページによっては、IEを指定しているものがあり、このような警告が出て、Chromeではうまく機能しないものがあります。古いページの場合が多いのですが、昔はIEの便利な機能を使ったページもあるのです。これは、Win坊のWeblessonのページですが、一部IEでないと動きません。
インターネットを開くブラウザは、基本的な機能は共通なのですが、ページの拡張機能には共通で動かないものもあります。GoogleChromeには、IEtabというサードパーティーが作った拡張機能があります。これをアドインに加えることで、ChromeでIE専用ページが使えます。
インストールは、Chromeの設定から、拡張機能に進み、一番下のインストールします。
ie06
2015-11-25 (3)
一番下の、他の拡張機能を見る、をクリックし、ウェブストアで、でIEtabを検索します。
2015-11-25
2015-11-25 (1)
同じ名前のものがあるので注意してください。図の青いアイコンです。追加ボタンをクリックします。
ie03このような、青いアイコンが表示されます。これをクリックして、IEモードに切り替えます。
ただし、最初に追加のインストール画面が出ます。これを実行して、完了です。
このような英語のページですが、iehelper.exeをダウンロードし、実行します。
ボタンをクリックすると、下にダウンロードマークが出るので、これを右クリックして開くを実行します。
ie09
これで、完了です。
chromeで、 http://www.winboys.net/cards/index.htm このページを開き、上の青いボタンをクリックしてください。
ie02
アドレスバーが二重になり、IEモードで開きます。これは、昔作ったページで、当時の新しい機能を使ったので、IEでしか動きませんが、Chromeで機能します。
この中の一枚のカードを念を入れて記憶し、念力ボタンをクリックします。あなたの念を入れたカードが消えますよ。

2015年11月4日水曜日

windows10の、GoogleChromeのショートカット

windows10には、Eggeという新しいブラウザがあります。将来的には、IE(インターネットエクスプローラー)も廃止になるのでしょう。10にはIE11もありますが、デフォルトはEggeになっています。MSは、chromeを使って欲しくないようで、chromeの便利な機能が封鎖されています。なかでも、chromeの魅力であるショートカットの作成メニューが無くなってしまいました。10では、PC型のソフトとタブレット型のアプリがあり、起動方式の違いからショートカットの規格が変更になりました。10になっても、アプリの起動アイコン(ショートカット)はデスクトップには置けません。新しいメニューと、タスクバーが両方のショートカットを置けます。そこで、chromeもデスクトップにショートカットを置くことをあきらめ、タスクバーに置くようにメニューを変更しましたが、7のタスクバーでは有効ですが、10のタスクバーには直接置けません。chromeにはアプリモードがあり、特定のページを専用アプリのように起動できます。メールや、カレンダー・SNSなどのログインページを、専用アプリのように起動できるショートカットは大変便利なのですが。

10でも、これまでのように、ショートカットを作る方法があります。メニューから直接作成できませんが、以下の手順で作ることができます。Gmailのログインページで説明します。

1.ChromeでGmailのログインページを開き、右上の設定ボタンをクリックし、その他のツール・タスクバーに追加をクリックする。

scut1

scut2 ここで、ウインドウとして開くにチェック

これが、ポイントです。追加ボタンをクリックします。windows7では、ここでタスクバーにアイコンができます。10ではできていません。

2.スタートメニューを開き、新しく追加されたものの項目を見る。

scut3

10では、ここに表示されます。これを右クリックし、オプションメニューを開きます。

scut4

スタート画面にピン留めを選ぶと、メニューの右側にタイルボタンで追加されます。
タスクバーにピン留めするを選ぶと、従来のタスクバーにアイコンが作られます。
このピン留めという言い方が、新しい方式を表しています。これまでのショートカットとは異なるようです。

3.タスクバーにピン留めされたアイコンを、Shiftキィを押しながら右クリックします。

普通にクリックすれば実行ですし、右クリックしても通常のメニュー(図の)しか出ませんが、Shiftを押しながら右クリックすることで、隠しメニューが開きます。

scut5

コピーを選び、デスクトップを右クリックしメニューの貼り付けをクリックします。

これで、従来のショートカットが作成できます。
実は、Googleカレンダーのページの場合、ショートカットアイコンが日付に変わるという便利な機能がありましたが、これはもう使えなくなりました。
7の場合も、タスクバーのアイコンを同様にデスクトップにショートカットアイコンとして貼り付けられます。
MSは、プログラムの起動を、デスクトップのショートカットからWクリックで開かせたくないのでしょう。確かに、Wクリック操作は選択・実行の2つの動作を自動実行させるものなので、ウイルス感染のもとになります。Wクリックの習慣があると、webページなどでWクリックしてしまい、ウイルス感染事故が多いのです。

2015年10月22日木曜日

windows10に、シャットダウンをメニューを

windows10は、「終了はスタートボタンから」というwindowsの伝統に戻りました。

sd1

ただ、全部で3クリックになるのでやはり面倒です。そこで、これまでのようにシャットダウンのショートカットを作り、これをタスクバーやスタートメニューに置くと便利です。
10から、ショートカットの規格が変更になったので、新規作成は、直接exeファイルから作るほうが簡単です。シャットダウンのプログラムは、今までと同じwindowsのsystem32に、shutdown.exeとして残っています。

エクスプローラーを開き、PCのシステムディスクCを開き、windows→system32を開きます。この中に、shutdown.exeがあります。これを右クリックして、ショートカット作成を実行します。ショートカットは、デスクトップにできます。

sd2

デスクトップに出来たショートカットアイコンを右クリックし、プロパティを開きます。

sd3

ここで、リンク先のshutdown.exeにオプションを追加します。
後ろに、スペースで区切って /t /s 0 を加えます。スペース/tスペース/sスペース0(ゼロ)と続けます。

sd4

適用ボタンをクリックし、続けてアイコンの変更に進みます。いったん警告が出ますが、OKします。

sd5

標準アイコンの一覧が出ます。シャットダウンなので、赤い電源アイコンを選びます。

sd6

OKすれば、デスクトップのショートカットアイコンが変わります。

これを右クリックし、スタートメニューにピン留めします。

sd7

タスクバーにピン留めしてもいいでしょう。ピン留めが終われば、デスクトップのショートカットはごみ箱に捨てて構いません。

sd8

スタートメニューにできたアイコンは、ドラッグすれば好きな場所に移動できます。
右クリックすれば、サイズ変更もできます。windows10は、プログラムのショートカットは、デスクトップに置かず、スタートメニューか、タスクバーにピン留めするというのが仕様です。今後、デスクトップにショートカットアイコンを置き、Wクリックで起動する、という使い方は廃止されるのでしょう。

2015年8月22日土曜日

Windows10 Update 速報3

まだ本命のPCでの更新は、待たされています。どうも、32ビットwindows7(どちらかというと古い・安いPC)を優先して更新しているようです。windows8以降は、まだまだ先になるのでしょう。
仮のパソコンで、仮の体験しかできていませんが、windows10の影響は、windows7の環境でも起きています。互換性のための7での更新も、大量のものが月2回のペースで行われています。
●windows10の大きな変更点は、ショートカットの仕様にある
GoogleChromeのメニューから、「ショートカットの作成」が無くなりました。Chromeの一番の魅力的な機能は、アプリモードでページを表示するショートカットの作成でした。chromeでページを開き、メニューのその他のツールからショートカットの作成を実行すると、ページのショートカットが作成されます。これを開くと、chromeがアプリモードで起動され、あたかも専用アプリのように使えます。GmailやFacebookなど、ログイン状態のページが開き、chromeのメニューバーやアドレスバーがない、コンテンツだけの表示になります。これが便利で、win坊は他にもいろいろなページのショートカットを作って利用してきました。この機能が無くなったのです。
原因は、windows10のショートカットの仕様変更にありました。7時代に作ったショートカットは、一応互換性が残り10でも機能するのですが、7でも新しくショートカットを作ることはできません。幻のショートカットアイコンなので、無くさないようにしましょう。
●windows10は、悪評高いメニューの改定が中心
windowsでは、メニュー(プログラムを選択して起動させる)は、ショートカットの塊です。このショートカットをずらっとならべたものが「メニュー」でした。8になって、2つの環境が作られ、従来型のデスクトップ環境と、ウインドウがないアプリ環境の2つを持つOSになりました。それぞれの環境は、OSが異なるのと同じで、簡単に言うと、windowsとandroidの2つの環境を同時に使うようになったのです。これを、移動しながら使う分かりにくさと、2種類のソフトを選択するためのメニューが、android型の環境のスタートメニューから使う不便さが問題になったのです。タブレットでwindowsを使う人が増えず、やはりwindowsはPCで使われることが多いのです。そこで、中心をwindowsに戻し、デスクトップでアプリも動かせるようにしました。そのため、アプリをデスクトップから開けるメニューが必要になり、ショートカットの形式を変更させる必要があったのです。
●windows10のメニューは、4か所に増えた?
これまでは、プログラムを起動させるのは3つの場所から可能でした。
一番目は、デスクトップ上のショートカットアイコンをWクリックするもの
二番目は、スタートメニューの一覧をシングルクリックすること
三番目は、タスクバーに並べたものをシングルクリックすること
7までは、この3つは同じ規格のショートカットを使っていました。これが、8になってアプリの起動にはデスクトップのショートカットアイコンが使えなくなったのです。そこで、タスクバーの仕様を変えました。タスクバーには、アプリのショートカットも置けます。タスクバーには、アプリでもソフトでもどちらも起動できるアイコンを置けますが、デスクトップ上からはアプリは起動できません。両方のプログラムを起動できるメニューは、アプリ側のスタートメニューしかなく、この形式のメニューをデスクトップには置けませんでした。
windows8.1になって、デスクトップのタスクバーが、アプリ側に移動しても表示されるようになったのに気が付きましたか?これで、デスクトップ上のショートカットアイコンと、タスクバー上のアイコンの仕様が変わったのです。そこで、タスクバーを拡大したスタートメニューがデスクトップ環境でつかえるようにしたのが、windows10です。
windows10では、
スタートメニューの「すべてのアプリ」から選ぶ
スタートメニューの右のタイルアイコンから選ぶ
タスクバーのアイコンをクリックする
従来のデスクトップのショートカットアイコンをWクリックする
という4つの方法があります。従来の一番目は、一応残りますが、デスクトップにショートカットアイコンを置く方法は制限されています。スタートメニューが、従来型と8形式と合体され、2種類が使えるようになりました。4つありますが、デスクトップのショートカットアイコンは、恐らく廃止されるのでしょう。
図の左から、「すべてのアプリ」「スタートメニュー」「タスクバー」のプログラムのアイコン
スクリーンショット 2015-08-22 08.38.04
●新たに、デスクトップにショートカットが置けなくなった?

以前は、メニューやタスクバーのアイコンは、コピーやドラッグしてデスクトップにおけましたが、7でも更新されてショートカットアイコンをデスクトップにおけなくなりました。
スクリーンショット 2015-08-22 08.31.43
右クリックメニューにも、スタート画面(右の領域)・タスクバーへ置けなくなりました。コピー貼り付けすることも、「ピン留め」という新しい言葉が使われています。
ただ、既にデスクトップにあるものは、タスクバーにドラッグすれば「ピン留め」できます。
スクリーンショット 2015-08-22 08.59.59
タスクバーのアイコンは、表示が変わって起動していることを表せますが、古い形式を入れたものは、表示が変わらないだけでなく、複数表示されます。警告を表すのか、狐のマークが出ます。左は、純正のIEのアイコン、右はchromeのGmailページのアイコンです。なぜか狐が表れます。
スクリーンショット 2015-08-22 08.15.41
●結論は
7から大きく変わったことは、メニューだけで、互換性は十分で問題ありません。新しいwindowsアプリが使えるようになり、その分お得かもしれません。しかし、アプリの起動時間は結構長くなり、RAMメモリーも4GBは必要でしょう。ハードディスクに余裕があれば、インストールしても大丈夫です。深い使い方をしていなければ、7より新しい画面で、快適かもしれません。
●追加情報
最近インストールしたパソコンでは、Chromeの古いショートカットをタスクバーにピン止めして起動しても、狐は出てきませんでした。しかし、最初にインストールしたパソコンでは、相変わらず出てきます。